初心者ゴルファー必見!ゴルフクラブについて紹介!

ゴルフを本格的に始めてみよう!と思ったトキ、何からはじめていいかわからないものです。

 

私の場合は、父親が一時ゴルフ狂いだった為、クラブからシューズ一式を譲り受けました。

 

そして、最近とんでもないクラブを譲り受けた事を知りました。

 

これからはじめようとしている皆さんに、役立つ知識を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ゴルフクラブの種類と使い分け

 

6b2dea23190f7c31a7fb54de93040fbc

 

ゴルフクラブの使用は、1人14本までに制限されています。

 

通常のクラブセットはウッド3~4本、アイアン8~9本、パター1本の組み合わせが多いです。

 

各クラブは、それぞれ想定された飛距離を打ち易くする為に作られています。

 

長いクラブで長距離を、短いクラブでは短い距離を狙う!

 

長いクラブほど使いが難しくなります。

 

ヘッドの打撃面である『クラブフェイス』と地面に対する垂直線からなる角度をロフト角といいます。

 

この角度が弾道の高さを決める主な要因となります。

 

 

ドライバー(1番ウッド)

 

drive

 

ドライバーは、主に1打目に使用するためのクラブです。

 

飛距離が1番出せるよう長く、ヘッドが大きく作られているクラブです。

 

しかし反面、他のクラブよりも長いために芯に当てるのが難しいです。

 

クラブヘッドはパーシモン(柿の木)等の木製が主流でした。

 

現在はステンレスやチタン合金やカーボンファイバーとメタ ル複合製に取って代わられました。

 

金属製であっても呼び方は『ウッド』なんです。

 


フェアウェイウッド(FW)

 

club_fairwaywood_img01


FW(フェアウェイウッド)とは、名前の通り主にフェアウェイ(地面)から使うウッド形状のクラブです。

 

3W・4W・5W・7W・9Wという風に数字で種類分けされています。

 

数字が小さいほどロフト(フェース角度)が立って距離を出し易く、数字が大きくなるほどロフトが増えボールが上がりやすくなっています。

 

一般的には、距離を打ち分ける為にFWを2~4本程度チョイスします。

 

2番ウッド(ブラッシー・2W)

 

79862861_o2

 

2番ウッドは、ブラッシーと呼ばれるクラブですが一般的にはあまり使われていないようです。

 

『ブラッシー』という呼び名でさえ知らない方は結構多くいます。

 

3番ウッド(スプーン・3W)

 

DSCN1368

 

3番ウッドは、スプーンと呼ばれているメジャーなクラブです。

 

ゴルフセットを買うときも大体一緒に入っています。

 

使用は主に2打以降のフェアウェイから打つためのクラブです。

 

ティーショットにも良く使用されています。

 

4番ウッド(バッフィー・4W)

 

TAYLORMADE R11 FW BACK

 

3番ウッド(スプーン)よりコントロールし易いと言われています。

 

が、最近ではユーティリティクラブの出現であまり使われなくなりました。

 

5番ウッド(クリーク・5W)

 

eec1d651

 

クリークと呼ばれ、ロングアイアン並の距離がでます。

 

使えれば武器になりますし、持っているだけでも勇気を貰えます。

 

ロングアイアンより打ち易いので、ユーティリティクラブの登場まで良く使われていました。

 

6番ウッド~(6W~)

 

7・9・11番と奇数番手が多いです。ショートウッドとも呼びます。

 


アイアンとは

 

img_2

 

アイアンとは、クラブのうち球を当てる部分が鉄製だった為、Iron(アイアン)と呼ばれるようになりました。

 

アイアンは、飛距離100~200ヤード前後の狙った場所に飛ばす為のクラブです。

 

番号が振られており、数字が小さい順に距離が出やすく、数字の大きい順にボールが浮きやすいんです。

 

フェアウェイ・ラフ・バンカー等、ウッドよりも幅広いコンディションの地面で打てるクラブです。

 

1I ドライビング・アイアン

2I ミッド・アイアン

3I ミッド・マッシー

4I マッシー・アイアン

5I マッシー

6I スペード・マッシー

7I マッシー・ニブリック

8I ピッチング・ニブリック

9I ニブリック

PW ピッチング・ウェッジ

AW アプローチ・ウェッジ

SW サンド・ウェッジ

LW ロブ・ウェッジ


アイアンの種類

 

 

 

キャビティアイアン

 

photo02

 

フェースの後ろ側が凹んだ構造のアイアンです。

 

大きめのヘッドが作りやすく、ヘッド下部に重量を多く配する事が出来るのでミスに強いです。

 

ボールが上がりやすいアイアンを作りやすいです。

 

特に、大きなヘッドでソール幅が広いモデルは初心者から中級者向けです。

 

中空アイアン

 

200412911gl00201

 

ヘッド内部が空洞になっている構造のアイアンです。

 

フェースの後ろ側に凹みはありません。

 

が、キャビティと同様に打点がズレてもヘッドがブレに強くミスに強いです。

 

アイアンの中では最も重心が深いので、スピンをかけてボールが上がりやすくなっています。

 

最近は空洞部に衝撃吸収材を埋め込むタイプもあり、打感を良くするモデルが増えています。

 

マッスルバックアイアン

 

P1060569

 

ヘッドはシンプルな板状のアイアンです。

 

構造上、ヘッドを大きく作れないのでミスには厳しいです。

 

が、フェースが肉厚になっているのでミートするとキャビティ、中空よりも心地よい打感が味わえます。

 

やさしさはありません。

 

しかし、操作性が良いのでプロや上級者が使うと弾道・球筋をコントロールしやすいです。

 

初心者の方のアイアン選びとして、初心者向きなのがキャビティです。

 

手頃な値段で買えるモデルが多く、ソール幅が広いモデルはボールが上がりやすくミスに強いです。

 

本数は、5番からSWまでの8本で足ります。

 

初心者にはロングアイアン(3・4番)は難しいので必要ありません。

 

ウェッジ(PW・AW・SW・LW)

l

PW(ピッチング・ウェッジ)は、グリーン近くで寄せる為のクラブです。

 

AW(アプローチ・ウェッジ)は、PWと同様ですが、PWより角度が大きいクラブです。

 

SW(サンド・ウェッジ)は、バンカーで使うクラブです。アプローチとしても使われます。

 

LW(ロブ・ウェッジ)は、角度が大きいのでログショット(打ち上げるショット)に使われます。


ユーティリティとは

 

pho_03030301

 

ユーティリティ(UT)とは、ウッドアイアンの中間のクラブで形状はアイアンです。

 

ヘッド部分にはある程度の厚みのあるものの、フェアウェイウッドほど大きくなく、アイアンほど小さくもない。

 

ちょうど中間に位置し様々な工夫がされており、製作ブランド毎に特色があります。

 

ヘッドを中空構造にしたり、ポケットキャビティ型にしたりと、一般的に難しいとされているロングアイアンを簡単にします。


パターとは

 

1405-abzx03

 

パターは、グリーンでカップに入れるために使われます。

 

プロの世界では、長尺パターや中尺などシャフトが長いものが使われています。

 

が、まずは普通の長さのパターを選択して下さい。

 

ヘッドの形状は、T字・L字・ピン型・マレット型・2ボール型等あります。

 

使いやすさについては、実際にゴルフ屋さんで打ってみて自分に合ったものを選ぶ事をおススメします。


初心者の方は特にピン・マレット型をおススメします。

 

初心者に使いやすいゴルフクラブ総評

 

lgf01a201402051700

 

結局のところ初心者の方に使いやすいクラブは一般的に『キャビティ』と言われています。

 

しかし、ド素人の私でも譲り受けたゴルフクラブを使用していたりしますので一概には言えません。

 

私のように、父から譲り受けたクラブがマッスルバックだったりしますんで。

 

金額的に、ゴルフをはじめ易いといえば中古で一式格安で揃えられるようなモノがお勧めです。

 

社会人となり、ゴルフをする機会は増えると思います。

 

しかし、会社人の付き合いとして行うゴルフは楽しくありません。

 

ゴルフは一緒にラウンドして楽しめる人と行く方が、楽しさも100倍違います。

 

是非、皆さんも強制で行うのではなく楽しみの一環として行えますように。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ