プロテインの効果は?美肌にも効く!驚き情報を紹介!

ジムに通いはじめて、筋肉痛が心地よくなる頃かと思います。

 

実はワタシも筋肉痛に心地良さを感じ、食事にも気を使うようになってきました。

 

次に気になるのは、『プロテイン』について興味が湧きました。

 

プロテインは、筋肉を付ける為に避けて通れない道といえましょうか。

 

今回は、プロテインについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

プロテインとは?

 yrutijs

プロテインとは、英語で「タンパク質」という意味です。

 

一般的なプロテインの活用は、周知の通りスポーツをする時に効果が期待出来ます。

 

さてプロテインですが、私たちの筋肉や皮膚をつくっている重要な成分です。

 

そして、血液や酵素の素として生きていく為に必要不可欠な成分でもあります。

 

また、タンパク質は三大栄養素のひとつとして体のエネルギー源にもなる為、毎日の食事から摂る必要があります。

 

タンパク質をしっかり摂らないと、筋力の低下や疲れ易くなったり免疫が低下するなど様々な不調の原因となります。

 

更に、美肌の素であるコラーゲンタンパク質の一種であるので、肌のタンパク質が不足すると肌のハリ・弾力が失われてしまい、肌の老化も進行してしまいます。

 

私たちが健康的に若々しく生活していく為には、タンパク質は必須の栄養素といえます。

 

プロテインのメリットは、筋肉量のアップや運動後のパフォーマンス向上等です。

 

特にスポーツをする方々に、広く愛飲されているイメージのプロテインですよね。

 

しかし、飲むだけでは筋肉量アップに全くつながらない事をご存知でしょうか?

 

プロテインは飲むだけでは筋肉量アップにならない

 

Ignite_55992_3

 

プロテインを筋肉に変えるのは、ウエイトトレーニング等の運動や飲むタイミングが重要です。

 

プロテインの日本の位置づけとして、タンパク質を摂取出来るサプリメントとして知られています。

 

プロテインのサプリ効果は、筋肉の増量、運動パフォーマンス向上などスポーツで愛飲されています。

 

しかし、単に飲むだけでは筋肉量は増えないんです。

 

・・・まぁ、当たり前っちゃ当たり前なんですが。

 

プロテインを筋肉に変えるには、筋繊維を刺激するウエイトトレーニングが必要です。

 

次に、飲むタイミングです。

 

タンパク質は、長く体内に留まっている事が出来ないのでこまめに摂る必要があります。

 

筋肉を真剣につけたい!!と考えるならば、タンパク質が不足する時間に補うのが理想です。

 

タンパク質が不足する時間とは、朝食後と運動後、就寝前です。

 

とくに運動直後と就寝前は成長ホルモンが分泌されるので筋力アップには最適です。

 

トレーニング終了後の30分以内と、就寝1時間前には必ず摂るようにしましょう!

 

プロテインの種類について

 

141220muscle_help


プロテインには種類が存在します。

 

自分の目的に合った種類を選ぶと効果が更に期待出来ますので、是非参考にしてください!

 

タンパク質は、肉や魚、乳製品、玉子、大豆等にも含まれています。

 

サプリメントで使われるプロテインにも原料が色々あり、大きく分けると動物性と植物性があります。

 

動物性は、ホエイやガゼイン、エッグプロテインがあります。

 

植物性は、大豆等があります。


ホエイとは、牛乳由来のプロテインです。

 

牛乳に含まれるタンパク質の約20%と希少な成分で脂肪分をほとんど含みません。

 

体への吸収が早いのが特徴的です。

 

筋肉の素となるエネルギー源が豊富で、すぐに筋肉を付けたい人におススメです。

 

また、免疫力の強化にも役立ちます。

 

ガゼインとは、牛乳のタンパク質の80%を占めます。

 

ホエイと比べると吸収スピードが遅いのですが、長く体に留まります。

 

その為、疲労回復や美肌効果も期待出来ます。

 

エッグは、ホエイと同様に低脂肪で体に吸収しやすく、筋肉の素となる成分が多いです。

 

乳製品アレルギーがある方におススメですが、値段が高いのであまり見かける事はありません。

 

大豆プロテインは、動物性と比べて筋力の作用は少ないのですがコレステロール値の低下や中性脂肪に効きます。

 

メタボ対策や、綺麗に痩せたい方におススメです。

 

プロテインの1日の摂取量について

 

e7ad8be38388e383ace5be8ce381aee38395e3829ae383ade38386e382a4e383b3

 

プロテインの1日の摂取量には限度があります。

 

摂取量の目安は、体重1キロに対して約1グラムといわれています。

 

体重が60キロなら、毎日60キロまで摂る事が出来ます。

 

貴方が、筋肉を付ける事が目的あならば、摂取量目安まで摂るのが良いでしょう。

 

スポーツ選手で定期的に激しい運動をするなら体重1キロあたり約2グラ程度まで摂取可能です。

 

食事バランスを考えながら、サプリメントとして上手くコントロールするのがおススメです。

 

栄養補給や疲労回復、美肌ケアで利用するのであれば、気になる時だけ摂ると良いでしょう。

 

タンパク質は食事からも摂取出来るので、不足分を補う感覚で利用するのが望ましいです。

 

プロテインを過剰に摂り過ぎると、過剰摂取による副作用のリスクがあるので注意が必要です。

 photo1

常習性とか、その手の類のものではありません。

 

プロテインは栄養価が高いので、必要以上に摂ると脂肪として肝臓に蓄積されます。

 

肝機能にダメージを与え、更に腎臓にまで負荷がかかります。

 

理想的な摂取サイクルは、運動する日は朝食後、運動後、就寝前の3回摂るのが良いです。

 

運動しなかったり軽めの運動の日には、飲む回数や量を減らすなどして、飲み過ぎに注意して下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ