洞窟探検家 吉田勝次の凄過ぎる生き方について紹介!

皆さんが幼い頃、探検が大好きだった少年・少女時代を過ごされた方。

 

結構多いかと思います。

 

たまたま観ていたテレビで紹介されたのが、洞窟探検家 吉田氏でした。

 

私も幼い頃は、自称探検家を名乗って知らない人の家の境界塀の上を歩いていたりしました。

 

『大人になっても探検家』

 

そんな職業とはどういったものか興味を持ってしまいました。

 

では、洞窟探検家 吉田氏について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

洞窟探検家 吉田氏とは

 

katsuji_yoshida04

 

洞窟探検家 吉田勝次 1966年12月19日生まれ。

 

日本の洞窟探検家で、一般社団法人日本ケイビング協会会長です。

 

元々は登山を趣味としていたが、踏破されてルートもほぼ定められた登山には物足りなさを感じる。

 

吉田氏がのめり込むキッカケとなったのは1994年。

 

雑誌で参加者を募集していた、静岡県の洞窟探検に参加した事がはじまりでした。

 

以降はケイビングを趣味とするようになり、1996年に仲間と共に日本探検チーム(J.E.T)を結成。

 

その後前人未踏の洞窟ばかりを意図無しで巡るようになります。

 

dc37b6be19ee201b67d7c4ba96575a0e

 

 

2003年 吉田氏は洞窟探検の魅力について知って貰う為、岐阜県山県市の鍾乳洞に8年もの間知人を誘い毎週のように訪 れていたといいます。

 

また、当時の吉田氏の職業は「飲食店経営」でした。

 

2011年1月 一般社団法人「日本ケイビング協会」を設立。

 

洞窟探検のガイドやテレビ撮影のガイドサポーター、洞窟 ガイド・レスキュー活動、洞窟に関する学術調査等の活動を行っています。

 

また吉田氏は、一宮市で建設業を営む有限会社勝建(1998年創業)において代表取締役を務めています。

 

同社には「探検ガイド事業部」として「地球探検社」があります。

 

吉田氏の気になる本職は、愛知県で外構事業を営む代表取締役の社長なんですね!

 


社長業を行いながら、洞窟探検家だなんてとってもバイタリティあり過ぎる!!

 

プライベートはどうなのか?といいますと、既婚者でした。

 

しかも、6人のパパ!

 

これまで訪れた洞窟は1000以上にも及ぶそうです。

 

では吉田氏の好む探検とは、どのようなものでしょうか?

 

彼の好む探検は、、、危険に満ちたものであった!

 

無線やGPSが通じない環境下で2週間以上を洞窟内で過ごすこともあるそうです。

 

20130919050639_1744011638_10294_9

 


地上250メートル地点に差し掛かったとき上から落下した岩石が東部を直撃したそうです。

 

ヘルメットを被っていたので大事には至らなかったものの、岩石は軌道を変えて肩いぶつかったそう。

 

そのため、吉田氏は宙吊り状態のまま肩を骨折してしまったそう。

 

動かせるのは片手だけ。

 

片手を使って何とかロープを手繰り30時間かけて地上まで下っていったそうです。

 

吉田氏によると、骨折は洞窟内の怪我ではまだラッキーなほうだそう。

 

外傷を負って出血してしまうのが最悪。まず助からないそうです。

 

また、背中に岩が突き刺さったおかげで落死を免れたことも・・・。

 

「10メートルほど落下した時点で、岩が刺さってるって全然わからないんです。」

 

「痛みよりも衝撃が凄くて。出血している事も全然気付かなかった。」

 

洞窟からの脱出後、九死に一生を得た吉田氏のツナギからは血が滴り落ちていたそう。

 

どんだけ出血してたんだ!!!

 


洞窟探検家とは

 

explorer1

 

洞窟探検家とは、洞窟を探検する人の事です。「ケイビング」ともいいます。

 

「ケイビング」とは、趣味またはスポーツとして洞窟に入る探検家の事やアウトドアスポーツとしての面を強調した言葉です。


ケイビングガイドレベルがあったので一例を紹介します。

 

1

 

ケイビングレベル5(赤) 一度も行った事が無い洞窟でも探査・ガイドサポート出来る。

 

ケイビングレベル4(青) 調査されているが、照明等ない自然のままの洞窟を探査出来る。 

                高いスキルを要求される。

 

ケイビングレベル3(緑) 調査されているが、照明等ない自然のままの洞窟を探査出来る。

                臨機応変な対応が出来る程度。

 

ケイビングレベル2(オレンジ) 調査されているが、照明等ない自然のままの洞窟を探査出来る。

                横穴に限る。

 

ケイビングレベル1(黄色) 照明・通路等が整備されている観光洞窟。

 

勿論、吉田氏はケイビングレベル5!!

 

洞窟探検家の収入とは

 

s-1V5A3874_R


吉田氏の洞窟探検ツアー料金は7000~20000円程度です。

 

料金は、難易度やコースで料金は変わるそうです。

 

1番高いコースだと45000円だそう。

 

その他、テレビ出演・探索依頼・研究期間等からの依頼があり命懸けですから、安い訳が無いですよね。

 

命懸けの仕事でも達成感がハンパ無いそうです。

 

好きなものを仕事に出来るコトは憧れです。

 

ましてや、ひとつの分野で突き抜けるコトは素敵です!

 

今後も吉田氏のようなカッコ良い生き方をしている人を、紹介していきたいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ