ブックメーカーは違法なのか?詳しい内容について紹介!!

ブックメーカ-と聞いて、ピンとくる方は少ないかと思います。

 

海外では実は有名で、特にイギリスでは上場している企業もあります。

 

海外ではメジャーなのですが、日本では違法賭博みたいなイメージです。

 

私の知人に、ブックメーカーに詳しい人がいます。

 

色々聞いたなかで、ブックメーカーが良さそうだったのでに聞いた内容を紹介したいと思います。

 

内容については、ブックメーカーの違法性や内容についてです。

 

スポンサードリンク

 

ブックメーカーとは?

 

‘Å‚¿ã‚°‚ç‚ꂽ‰Ô‰Î‚ɉf‚¦‚é‚v”tŠJ‰ïŽ®i‚R‚P“ú–éAƒƒEƒ‹‚v”t‹£‹Zêj

 

ブックメーカーとは、インターネットのサイトです。

 

スポーツの勝敗にリアルマネーを賭ける事が出来るサイトです。


野球の勝敗に、お金が賭けられたらもっと楽しく観戦出来ると思いませんか?

 

熱烈な野球ファンからは、クレームが来そうな発言ですが私はふとそう思った事があります。

 

私も野球が好きで昔から野球中継を楽しみに観戦しているファンです。

 

私がなぜブックメーカーを知る事が出来たかというと、『投資』で利用している知人がいたからでした。

 

ブックメーカーは私も聞いた事はありましたが、海外の『ギャンブルサイト』という認識だけでした。

 

しかし、『投資』の対象となり稼ぎも手堅いとのこと。

 

投資の詳しい内容については、後半で紹介したいと思います。

 

まずは、ブックメーカー何ぞやと違法性についてを根掘り葉掘り聞いてみることにしました。

 


色々なものが投資対象のブックメーカーと違法性について

 

bmtenpo

 

ブックメーカーは、競馬からはじまったそうです。

 

ブックメーカーサイトも、沢山存在します。


有名なブックメーカーサイト

・ウィリアムヒル
・ピナクルスポーツ
・bet365
・NetBet
・SBOBET
・10Bet


イギリスに行くと、bet365というブックメーカーサイトが有名です。

 

イギリスの街を歩くと、コンビニエンスストアのようにbet365の店舗があるそうです。


日本でいうと、宝くじ売り場のイメージのようなものでしょうか。

 

日本で宝くじは知らない人がいない程、海外ではブックメーカーはメジャーです。


主な賭けの対象

・サッカー
・テニス
・アメフト
・野球
・バスケットボール
等のメジャースポーツだけではなく、


・バドミントン
・卓球
・クリケット(日本ではマイナー)
・ビリヤード
・ハンドボール
・アイスホッケー
・ダーツ等の日本ではマイナースポーツでも全般がブッキングの対象となっています。

 

また、スポーツ以外の賭けも存在したりします。

 

例えば、クリスマスに雪が降るかどうか?とか多岐に渡ります。


最近では、米国の大統領候補が誰になる?のような政治的な内容も挙がりました。

 

次に違法性についてです。

 

al009-kabedon_tp_v

 

日本では『違法』とイメージが先行されているブックメーカー。

 

これをはっきり伝えておきたいと思います。

 

ブックメーカーの大元はイギリスにあります。

 

イギリス国内では、ギャンブルは合法です。

 

日本国内では、ギャンブルを行うことは違法です。

 

しかし、海外で行われているギャンブルに日本人が参加することを規制する法律はありません。

 

憲法第186条(一部抜粋・参照)

(常習賭博及び賭博場開張等図利)

第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

 

日本国内でギャンブルを行うことは違法です。

 

ですが、海外に旅行に行った際に海外カジノに参加することは自由です。

 

なので、自宅からブックメーカーに参加している分には規制の対象ではないんです。

 

まとめると、


・ブックメーカーの利用を直接制限している法律は現在存在していません。


・現在まで、ブックメーカーを利用しているという理由で逮捕された人はいません。

 

「胴元が海外でも、日本から参加している以上、日本で賭博を行ってる事にならないの?」

 

という意見もありますが、これに関しては『わからない』というのが本音です。

 

頼りない回答ですいません 汗

 

弁護士ドットコムというサイトでは、下記のような記載があったので紹介します。

弁護士ドットコムより
「賭博罪は風紀に対する罪とされています。」

「その違法性の多寡は『公然性』の多寡に関わります。」

日本国が明治時代、刑法を作る際に参考にしたドイツ刑法では、非公然の単純賭博は不可罰でした。そして、日本でも明治23年の刑法草案段階では『公ノ場所』でされる賭博のみを処罰する案でした。「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」(弁護士ドットコムより一部抜粋・参照)

 

風紀を乱す事(目立つ行為)が無い限り、大丈夫でしょう!

 

結論からいうと、現在の刑法には規制する法律がないというのが現状です。

 

参加の可否については、グレーの状態なので自己責任でお願いします。

 

ブックメーカーは投資にも使えるか?

 

saikoro

 

私の知人が投資対象として、実践しているのですが、彼の成果を参考例で話します。

 

彼いわく、とある条件が揃った試合だけにベットすると、96%の確率で勝利するそうです。

 

4%の負けは何か?というと、試合は人が行うものなので何が起こるかわからない。だそうです。

 

彼は投資コミュニティに参加していて、毎日報告をやりとりしているそうです。

 

コミュニティの中で、投資手法を日々実践して何が良かったか、悪かったかを学ぶことが出来ます。

 

ブックメーカー投資手法について詳しく知りたい方は、LINE@にて詳細を説明するので個別にご連絡下さい。

 

2020年日本でのオリンピック開催に関連して、ブックメーカーも今後広まってくると思います。

 

サラリーマンの方も、新たな投資手法のひとつとして取り入れてみても面白いかもしれません。

 

ちなみに私も、ブックメーカー投資法を知人から教えてもらおうと思います。

 

結果については、どこかでまたお伝えしたいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ