rの住人になろう 

『rの住人』になろう

 

『r』という概念は、トマ・ピケティの21世紀の資本のなかで紹介された概念です。

 

『Return On Capital』

 

リターンオンキャピタルという資本収益率。

 

キャピタルから得られる収益っていう事ですが、経済成長率より資本収益率が常に高い。

 

この事実をご存知でしょうか?

 

今回は、トマ・ピケティの概念『rの住人』になる利点について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

rの住人になる、という事とは何か

 

 

rの住人の世界で一体何が起こっているのか?というのは皆無だと思います。

 

まず最初に確認しないといけないのは、rはリターンオンキャピタルです。

 

資本1番皆が分かりやすいのは不動産と株です。

 

為替・国債・デリバティブというのも含まれますがこの2つを思い浮かべてください。

 

『g』というのはエコノミックグロース、経済成長率ですね。

 

経済成長率よりも常に資本収益率の方が大きいって訳なんです。

 

ただ結構この話聞いてもしっくりこない。

 

まず事実を述べます。

 

エコノミックグロースの住人というのは、代表的なのが賃金を得る経済学的な労働者です。


基本的には給料を得て生活している人はこの中でお勤めの方、自分で会社を経営していても普通の世界の住人は『g』という認識を持 ってください。


ただ単に所得が高いだけで、その所得を消費しただけで全然らくにならないんですよ。


今から想像してみてください。

 

自分が家に住み続けられたり、いまお金を出して対価として受け取っているサービスがありますね。

 

そのサービスを受けるために、あなたは永遠と働き続けなければならない。


永遠と働き続けなければいけないんですね。

 

働ける限り働きなさい

 

 

働けるだけ働く。働けなくなったら、国の支給で生きていける。


基本的には労働地獄というか、ずっと働かなければいけない。


年金が支払われるまで働き続けなければならないのが現状です。

 

生きている限りは、年金は支給されつづけるんです。

 

そうなると、高齢者の方が多くなっている。平均寿命も年々とのびてきています。


少なくなってる若者じゃ賄いきれなくなってくるんじゃないのといわれている。

 

そこで、自分年金とか自分確定拠出年金等で株をやる人が増えてきている。

 

株をやる人は増えてはいるものの、まだまだ少ない。


普通の一般の住人はほとんどの場合、失敗するように出来ている。


逆にやったことで富裕層に富が移転するというのが現状です。

 

株とか不動産やってるよ、という方はどれぐらいいる?

 

はじめる事自体は良いのですが、勝てないと意味がない。


rの住人に行くのは簡単ではないんです。


事実前提として覚えておいてください。

 

『g』にいる事は苦しい。

 

でもみんな眠っちゃってる状態。

 

だから私は、rの住人になるようにつとめれば良いと思います。


稼いだものをきちんとrの方向ににふりむけていればよかった。

 

労働賃金の増加率よりも株とか不動産で得られる資本の方が大きい。

 

この世の中には、桁違いの金持ちと、小金もち、一般の3つのタイプがいます。

 

月収100万でも金持ちとはいえない。


小金もちは所得が一般に較べて高いくらい。


その上に桁違いってのがあってrの住人というのはこの層をさします。

 

使い切れない資産。むしろ使おうと思っていない。


本当に同じ人間なのかなぁって思う。


結局本質を掴んでいないと行動につなげられてない人が多いです。


理解していないと、気付きがない。


実感が無いしすぐ自分の世界に戻ってしまう。


プラス評価すれば経験が残った。

 

生き方が違うのがポイント

 

 

にわか持込の自分の考え方で投資家にならないと未来はない。


rの住人になりたいと思っても、実際やりきれる人がいないんですね。


結局不動産とか株とかを持っているのか、rの住人がやってることをやれてるかという話。

 

やってないと一向に変わりません。


いかに『g』にいる事がやばいって気づいていない。


人って2種類いて、自由を制限されている事に不満を持たない。


自分が不自由であることに全く疑問を持たない。

 

例えば自分が40万50万で生活しているのが不自由である事が気づかない。


金持ちになりたいなんて思わないし、なりたいと思わない人が多い。

 

堅実に生活出来れば良い。


世の中って疑問を持ったりとか向上していきたいっていう向上心を持つタイプのどっちかだと思う。


このタイプはそもそも少ない。

 

私は、いまやりたくない仕事を死ぬほどやるなんてまっぴらごめんだと思っています。

 

rの住人としての活動は価値があると思っている。


やったら遥か上のリターンが得られるからやった方が良い。

 

実際、やってみました。でも95%は失敗しています。

 

何で失敗するのかというと、例えば株でも何でもそうですが皆が短期思考という事です。


みんな凄い短い時間で儲けようとする。すぐ成功しようっていうのは失敗する。

 

rの住人になるには時間がかかる。


短期思考は、上がってる株を買うとかいう思考。

 

株って何に投資したらよいか?


何千という銘柄から何個かを選ぶ。


この的確銘柄という投資に値する銘柄を分析しなければいけない。


この的確銘柄を判断できる技術というのがきちんとある。


まず投資的確を導き出せる力というのがまずひとつ必要です。

 

的確時期の判断も必要。的確銘柄が高くなっていても意味がない。


財務諸表で例えばフェイスブックとか見ると、誰が見ても判断がつく。


どう見ても増収増益していたりとか誰が見ても明らかである。


だけど的確銘柄だけど投資して良いかというタイミングが大事。


2つのゴーサインがないと買ってはいけないんです。

 

何に、って言うのが合っていてもいつが合っていないと意味がない。


投資収益率は買値によって決まる。


時期によって投資収益率っていうのが決まる。


では的確銘柄にいつかというと、金融ショックの後に市場全体の株が下がります。

 

短期思考の投資家はこの場ではすぐ売ってしまう訳です。


悪材料とか金融ショックによってガクーんて下がります。

 

その時こそ的確銘柄への投資機会の時期。


例えばリーマンとかだと1/10とかになっている。


金融ショックが起こると金融株中心に下がる訳ですよね。


金融ショックとかが起こると連動して下落する。


ファンダメンタル自体が変わった事ではなくて、傷がついてない事が分かれば買いです。

 

必ずと言っていいほど復活しますから買い。取得単価が大事。

 

そういう色々な事態がある。悪材料とかを回復可能なものかどうかをみきわめる。


PER100とかになってる。 

 

ひとかぶあたりの利益が97倍の値段が付いているって事。

 

回収するのに97年かかるって計算ですから、これは利回りが凄く悪いですよね。

 

利回りの事を考えると、国債の利回りより低い投資は意味がない。

 

何でかっていると、国債に投資した方がいいよねって事になる。

 

年間で2.3%下回る投資って有り得ないんですよ。

 

まず時期の問題は分かった。割安になる時を待てば良い。


でもすぐに良い銘柄を買えばいいって訳じゃない。


金融の世界は調整がある。決算とかファンドをしめるとかで売却する時がある。


ファンドとか一旦しめるとか大きく値が下がる時期が必ずある。

 

もし高値で買うんだったら、ずっと塩漬けして配当をしっかり待って持っていた方が良い。


だけど、皆の場合は必ず売ります。1000万が900万になるから焦って売ってしまう。

 

ずーっと上昇しているよりも、下がってきてから上に行く速度って大きい。


ガーンって下がってから上がるまでの速度が早い。

 

暴落後に買うのも非常に効率がいい。


その時にどの株が的確銘柄が何かを事前に分かってないといけない。

 

待ち構えてないといけない。見極めなければならない。


そこで資金を持ってないといけない。そもそも金がない。


暴落のときに買いに入っていく考え方が整っていない。更にそもそも金がない。

 

100万とか200万とか少ないロットでやっているから配当なんかじゃ話にならない。


配当が2%とかだったら年間2万円じゃどんなに生活水準低い人でも生活できない。


リタイアなんて夢のまた夢ですよね。

 

世の中には自分たちの資質を配当でどれくらいで賄えるかという資質がある。


これがリタイヤできる。働かなくても配当だけで生活費が賄えるって事です。


だけど500万円を得るためには、配当2.5%を考慮すると2億円で500万円でリタイヤできる。


ふつうの人たちは500万稼いだら500万使っちゃう。


よくて100万毎年貯めたとしても話にならないです。


100万あってもロクに買えない。


投資する金がない。

 

これが1番でかい。投資する金もないから失敗しようもない。



もともと株っていうのは長期投資そのものなんです。

 

本来的にいうと株の概念は長期投資意外適合しない。


リーマンショックあっても1回買った銘柄ってのは結婚したのと同じ。

 

死ぬまで添い遂げるというマインドでやり遂げることによって大金持ちになる。

 

忍耐力と見極めてる人は少ない。

 

ファンダメンタル上問題があればダメですけど、安値で買えた後上がる銘柄もある。

 

割安で買わないと意味がない。

 

教育、経験、金。

 

小金を稼いで天狗になる人は巷にはゴロゴロいます。

 

ですがrは桁違いなので、全然天狗になれない。

 

30年近くかけてやっとrの住人になれます。


いまいる『g』の世界に危機感を持ち、rの住人を目指していきましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ